家族で楽しむハロウィン♪ インスタ映えもバッチリな仮装アイデア! 子供と一緒に‼ 

目安時間:約 7分

ハロウィンイベントに参加したいけど、小さい子のいるご家庭は人の多い賑やかな場所へお出かけするのは難しいですよね。

 

でも、折角のハロウィンです。

 

ご家族で仮装して楽しみましょう!子供達も可愛く仮装してSNSに挙げても良いですね。

スポンサーリンク

 

ハロウィンの仮装に悩んだら…マネしたくなる画像いろいろ!子供用もいっぱい

 

子供にはどんな仮装ができるかな?と悩んでいる方は、ネットで「ハロウィン 仮装 画像 子供」と検索してみると良いですよ。

 

皆さん工夫を凝らした素敵な仮装がいっぱい載っていてマネしたくなりますよ。

 

私は、お出かけ情報誌「いこーよ」の「仮装でお出かけしたハロウィンの思い出フォト」を参考にしました。

 

 

子供達におすすめ仮装

 

子供達の仮装はいつも見ているアニメやディズニーキャラクターなどから選ぶと良いと思います。

 

ママが選んでも子供が嫌がると着てくれませんからね。

 

着やすく脱ぎやすく、抱っこしても崩れない方が良いかな?と思います。

 

 

 

①魔女の宅急便 キキとジジ

 

ジブリアニメは好きですか?魔女の宅急便のキキは黒いワンピースに大きな赤いリボンが特徴ですね。

 

黒いワンピースを着て、赤いリボンを頭に結ぶだけで出来てしまう簡単な仮装です。

 

赤いバンダナでもOKです。

 

ジジも、黒い服に100均の猫耳カチューシャを付ければ出来上がりです。

 

乳児にも嫌がられずできると思います。

 

 

 

②アナと雪の女王 エルサとアナ

 

美しい姉妹の仮装は憧れますね。通販に素敵なドレスが売られています。

 

ベビー用と検索すると、赤ちゃんサイズ66~80くらいのプリンセスドレスが見つかると思います。

 

ティアラも付いていて素敵なプリンセスになれますよ。

 

 

③ミッキーとミニー

 

みんなの大好きなミッキーとミニーは、ドレスタイプや着ぐるみタイプなど色々ありますよ。

 

カボチャシールを顔に貼ったり、手に魔女ステッキを持ったり、小物を使ってハロウィンの雰囲気を出してみましょう。

 

男の子と女の子の兄弟に丁度良いですね。

 

 

④とんがり帽子とマント

スポンサーリンク

 

普段着ている服に、黒マントやカボチャマントを羽織りとんがり帽子を被るだけでハロウィン仮装の出来上がりです。

 

いつもと違う服を着ることを嫌がる子もいることでしょう。

 

そんな時は、100均グッズでマントや帽子を購入してください。

 

今は豊富なハロウィングッズが売られているので、帽子にシールやリボンを貼って少し工夫をして可愛くアレンジしてみてくださいね。

 

カチューシャを付けて、顔にメイクシールを貼るのも簡単にできて良いと思います。

 

赤ちゃんといっしょに初ハロウィン♪カワイイ手作り衣装のワザ教えます!

 

赤ちゃんも一緒に楽しみたい!ハロウィンの仮装ができる簡単手作り衣装のワザをお伝えします。

 

100均のハロウィングッズを利用して作りましょう。

 

 

①スタイ

 

まだ仮装するには衣装が難しい赤ちゃんには、スタイを作りましょう。

 

カボチャやお化けの柄のバンダナを首に巻いてオシャレなスタイにしてはどうでしょうか?

 

バンダナを切っても良いですし、オレンジのフェルトを切って巻いても良いですね。

 

 

②カボチャのおばけ

 

オレンジのフェルト生地を赤ちゃんの大きさに合わせて切り、両サイドを縫い、首の部分にゴムを通すだけで、ワンピースにできます。

 

黒のフェルト生地を目と口の三角に切り、貼り付けるとカボチャおばけの完成です。

 

めんどくさいなぁと感じる方は、ハロウィンシールをフェルトに沢山貼っても簡単にできますよ。

 

 

③マント

 

魔女の黒マント、カボチャのオレンジマントを利用します。

 

赤ちゃん用に使うには少し大きいと思うので、赤ちゃんの大きさに合わせて切って下さい。

 

カボチャやコウモリが付いたキラキラモールで縁取りすると豪華なマントの出来上がりです。

 

モールはボンドで付けてもすぐに剥がれてしまうので、マントの色に合わせた糸で軽く縫って留めておくと動いても取れません。

 

 

まとめ

 

 

子供用のコスチュームは通販でも可愛い物が沢山売られていて、全身フル仮装も良いなぁと悩んでしまいますね。

 

でも、100均の物を上手に使えば、ちょっとアレンジするだけでハロウィン仮装が出来ますよ。

 

家族揃って楽しいハロウィンパーティーが出来ると良いですね。

 

 

 

スポンサーリンク

カテゴリ:秋のイベント 

この記事に関連する記事一覧

ページの先頭へ