医療事務の職場でのいじめ体験から防止策と対処法を紹介

目安時間:約 10分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 人気ブログランキング

医療事務の職場でのいじめについて書かれているサイトの中から私のサイトに来ていただきありがとうございます。

管理人のぶなしめじと言います。

スポンサーリンク

・医療事務って女性が多いし、トラブルが多そう・・・

 

・医療事務も医師の先生や看護師さんからの当たりが強いの・・・?

 

・もしトラブルにあったらどんな対処があるの?

 

医療事務として働くことを目指していても、こんな不安を感じたことはありませんか?

このページでは、

  • 医療事務は、女性社会だけど、いじめはあるの?
  • 本当にあった!イジメ体験(ぶなしめじ体験編~)
  • トラブルにあった時の対処法を伝授します!

以上、3つのタイトルにそって紹介します。

 

あくまでぶなしめじが経験したことに基づいて考えた一個人の意見ということをご了承下さい!

 

私は結婚前に医療事務の勉強をして個人医院に3年半勤め、

寿退社後に別の個人医院で3年勤めました。

 

その間に、子供を二人産んで復帰しているのでその時の経験が少しでもお役にたてば幸いです。

 

それでは、詳細に入っていきましょう。

 

医療事務は、女性社会だけど、いじめはあるの?

医療事務だけではなく、女性社会は何かとトラブルが多いイメージです。

ママ友トラブルなどもそうですよね?^^;

 

 

最近は、病院勤務している男性も増えていますが、看護師や受付も女性が勤務している割合がまだ高いですよね。

 

 

病院だけではなく、いじめはどの職場でもあると思います。

実際、風当たりが強い人とそうでもない人がいますしね。

 

 

一つ注意しておかなければいけないのは、

職場でのトラブルも、もちろんありますが、

医療事務は、患者さんとスタッフ側との板挟みになりやすい。ということです。

 

 

医師の先生からの指示には素直に従ってくれるのに、診察室から出た途端

「やっぱり、あの薬が欲しかったのに・・・」とか(医師の先生から薬の変更があったんです)

「○○の症状を治療してくれる注射をして欲しかったのに・・・」など(○○の症状は薬を飲めば改善されるはずなんです)

言ってくる患者さんもいます。

 

 

医師の先生のお考えがあって治療しているので、私達受付が、上手くなだめてお話しを聞いてあげる必要があります。

 

 

ちなみにですが、あまりしつこく患者さんが文句を言っているのが聞こえたのか医師の先生が

「もう一度、僕が話しをするから診察室に入れて!!!(# ゚Д゚)」と大激怒していたことも度々あります。

 

 

本当にあった!イジメ体験(ぶなしめじ体験編~)

このタイトルでは、ぶなしめじが医療事務として個人医院で勤務していた時に遭遇したイジメ?体験を紹介していきます。

 

・最初に勤務した医院(入社直後の頃~3ヶ月位)

 

 

先輩受付がいたんですけど、その人が鬼でした。

私に対しては、基本無表情ですし、レセコンを習ってないので使用方法が分からず聞いたんですよ。

 

はぁ?それ前にも教えたよね?

それにいま、患者さんの対応で忙しいってなんで分かんないかな?

 

 

というお言葉を頂きました。

この時点で入社4日目でしたし、ついさっきまで看護師さんと笑顔でおしゃべりしてましたよね?

スポンサーリンク

 

 

ちなみに、この先輩受付は私が入社して2ヶ月目に妊娠が発覚し、

その後、有給消化なのか、体調不良なのか、とにかく1ヶ月間欠勤した挙句、辞めていきました。

(この1ヶ月は7:30~23:00で働くのがざらでした)

 

 

 

代わりに入社してきたMさん(1つ年下のニチイ新卒?の子です)も凄かったです。

意識高い系と言ったら良いんでしょうか。

 

小さなトラブルはもう覚えてられない位あったんですが、ひときわ凄かったのを紹介しますね。

 

 

私も入社して半年くらいだったので、まだまだ分からないこともあり

書類の提出について市役所に問い合わせて、Mさんに教えていた時です。

 

 

この頃は、Mさんは入社して3ヶ月位です。

私が話しかけても無視か一言だけでのお返事でした。

 

ぶなしめじさんって、何で今まで分からないことを放置してきたんですか?

段取りも悪いですし、教え方も訳が分かりません。

ぶなしめじさんの、そういう所が嫌いなんですよ!!

 

との言葉を面と向かっていただきました。

 

 

そもそも、この書類の提出は初めてだったんですけど・・・。とか

段取りが悪かったり、教え方悪いのはごめん・・・・。とか

 

色々ありましたけど、ここまで正直な意見を突きつけられたのは初めてだったので、言葉が出てきませんでした(´・ω・`)

 

 

 

2つ目に勤務した医院では、私に対するいじめというものはなかったですが、

 

 

医師の先生からの風当たりは強かったです。

 

カルテの日付印をおす場所が気に入らないだけで文句を言われたり

外来の患者さんは、20分ほど待たせますが、

自分が往診に行く際は、3分も待たずに急かしたりしていましたね。

 

 

他にも看護師さん同士のトラブルに巻き込まれることもありました。

 

 

医療の現場で働くというのは、命に直結しているので、

皆さん、しっかりした考えを持っている人が多いです。

 

なので、折り合いがつけづらいところが多いのでトラブルが起きやすいというのはありますよね(゚∀゚)

 

トラブルに合った時の対処法・未然に防ぐ方法を伝授します!

ここまで私が体験した、いじめ?を紹介してきました。

 

その時にどのように対処したのか、またそこからトラブルを未然に防げないかを考えましたので、それを紹介します!

 

未然にトラブルを防ぐには

 

・自分が嬉しかった話し・幸せな話しはあまりしない方が良い。

 

・個人的に要注意だと思う人ほど、褒めておく。

(あまり距離を詰めすぎないように注意)

 

この2点を意識するだけで、だいぶ違います。

 

 

 

そして、何かトラブルが起きてしまったら。

 

とにかく、すぐに謝る。(もちろん、真剣に謝罪をしなきゃ効きませんよ)

 

 

大抵、先輩にあたる人からキツイ言い方をされた時はこの対処で、その場は収まります。

ただ、あまり謝罪をしすぎると「何が悪いか分かってないでしょ?」と言われますのでご注意を!

 

 

怖いからと言って、小さな声でもじもじ話していると気にさわるだけですので、

向こうの言い分を言いたいだけ言わせてスッキリさせてから、こちらの話しを聞いてもらいましょう。

 

 

いかがだったでしょうか?

医療事務のいじめについて、ぶなしめじの経験をふまえて紹介させていただきました。

あくまで私の場合ですし、一例ですのでご了承下さい。

 

他にも、医療事務の勤務中の服装などについて紹介した記事

医療事務について紹介した記事をまとめていますので、よければお役立て下さい。

 

それでは、ここまで読んでいただきありがとうございました。

スポンサーリンク

こちらの記事も読まれています♪



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 人気ブログランキング

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント



こんにちは(*^^*)
管理人の「ぶなしめじ」こと「中村 はる」です!

旦那、私、長女、次女の4人で長崎市にマイホームを建てて住んでいます♪

医療事務で働いてたこともあったりするので、自分の経験を聞いてほしくてこのサイトを開きました(;^ω^)
詳細プロフィール もありますので、お時間ある時にでも読まれて下さい♪
にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村

ブログランキングに参加しています♪ 「面白かったし、仕方ないからクリックしてやるか!」というあなたは、大変お優しい人です(*˘︶˘*).。.:*♡
当サイトの画像はこちらから引用しています。 photolibrary
最近の投稿
カテゴリー

ページの先頭へ