今年の江迎千灯籠まつりガイド☆ハイライトの花火がよーく見えるスポットは?

目安時間:約 5分

長崎県佐世保市には全国的にも有名なハウステンボスがありますが、佐世保市の江迎町で行われる約500年の歴史を持った伝統的な夏祭り、江迎千灯籠まつりは一度行って欲しいおすすめのお祭りです。

スポンサーリンク

 

毎年8月23日、24日の二日間行われる江迎千灯籠まつりは、江迎支所周辺で13時00分から21時30分まで開催されます。

 

江迎中央公園にはステージが設置され、大賞を取ると豪華賞品がもらえるゆかた女王コンテストなど、さまざまなイベントがおこなわれます。

 

江迎千灯籠まつりの見所は、江迎中央公園にそびえ立つ高さ25mのタワーです。3,300個の灯籠が飾られ、明かりが灯された姿は圧巻!の一言に尽きます。

 

日本一の灯籠タワーで有名になった祭りですが、祭りのメインイベントは昼間に子供たちによって行われる水掛け地蔵まつりです。

 

地元のお寺、寿福寺に安置されているお地蔵様と子どもたちと水遊びをすると、病気を追い払ってくれるという言い伝えにちなんで行われるお祭りです。

 

寺に集まった子どもたちは地蔵に酒を掛けてから、子供たちがお地蔵様に水をかけてみこしに乗せて、町内を練り歩きます。

 

子供たちが担いだみこしに今度は近隣の住民がひしゃくなどで水をかけて、1年間の健康をお祈りします。

 

祭りの際に灯籠を飾ったり、奉納する風習から、街中には約1万個近くの灯籠が灯されて、明るい光が満ち溢れたことから千灯籠まつりと呼ばれるようになりました。

 

1,000発の打ち上げ花火が23日、24日の両日の祭りの終盤、21時03分~21時30分にかけて打ち上げられ、夜空を明るく彩ります。

 

江迎千灯籠まつりの詳細については、こちらも参考にしてみてください。

 

江迎千灯籠まつり公式Facebook

https://www.facebook.com/sentourou/

 

江迎千灯籠まつり公式HP

http://sentourou.com/hp/index.php

 

車で出かける江迎千灯籠まつり!アクセスと駐車場完全ガイド!!

スポンサーリンク

車で江迎千灯籠まつりに出かけるならば、会場の江迎支所へは西九州自動車道佐々ICから約20分ほどの距離です。

 

まつり期間は会場近隣に無料と有料の臨時駐車場が用意されています。

 

市道は交通規制で歩行者天国になるため、渋滞する可能性が高いので事前にしっかりと交通情報などを集めておきましょう。

 

祭り会場Google MAP

https://goo.gl/maps/VyZV9SyY8yw

 

江迎千灯籠まつりの楽しみ方!灯籠が一番見える場所こっそり教えます!

 

江迎千灯籠まつりは13時から祭りが始まりますが、灯籠が灯される時間は19時から、花火は21時からと昼間をメインにするか、夜をメインにするかで訪れる時間帯は変わってくるでしょう。

 

街中に灯籠が灯されますが、やはり日本一の灯籠タワーを見ずに江迎千灯籠まつりに行ったとは言えないでしょう。25mの高さがあるため、昼間の方がその大きさはしっかりと把握できるかもしれません。

 

ですが、灯籠は明かりが灯ってこそだと思うので、点灯される19時前から江迎中央公園で場所取りをするのをおすすめします。

 

灯籠タワーと花火を一緒に見るなら江迎中央公園近辺がベストポジションですので、たくさんの人で混雑します。

 

人の多さは覚悟していきましょう。

 

まとめ

 

祭りのテーマ通りに本当に灯籠で夜空が紅く染まり、タワーの背後で上げられる打ち上げ花火とのコラボレーションはまさにインスタ映えする美しさです。

 

灯籠タワーの高さが日本一ということでスポットが当たっていますし、実際に見るとかなり驚かれると思います。

 

幻想的な祭りの雰囲気を、ハイライトとなる打ち上げ花火と一緒に味わってください。

スポンサーリンク

タグ:

カテゴリ:夏のイベント 

この記事に関連する記事一覧

最近の投稿
カテゴリー

ページの先頭へ